杉を素材に器から家具まで暮らしの道具をつくる工房のお知らせなど
連続講座「森の声を聞く」
ふくおか森づくりネットワークでは森の魅力や、山の現状をお伝えしたいと、連続講座 『森の声を聞く 〜ふるさと・共存・山の暮らし〜 』を開催します。
全3回のシンポジウムに加え、最終回(第3回)には、みなさんと楽しく語り合う時間も設けております。
各回個別のお申し込みも歓迎しておりますので、ぜひご参加ください。




http://dl.dropbox.com/u/10523397/H22fukumori/renzoku2010.pdf


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
連続講座 
   『森の声を聞く 〜ふるさと・共存・山の暮らし〜 』
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

■シリーズ1:シンポジウム
『山里の声を聞く』
日時:9月28日(火) 18:30〜20:30 

「聞き書き」などを通じて、山里の英知を残し都市と山村の交流をはかる活動を行っている澁澤氏をお招きし、世代をつなぎ山村や自然とともに豊かに生きることについて考えます。
講師:澁澤 寿一氏
(NPO法人樹木環境ネットワーク理事長、共存の森ネットワーク副理事長、山村再生支援センター副代表)
http://watashinomori.jp/interview/image_itv_03.html
日本やアジア各国の環境 NGOと地域づくり、人づくりの活動を実践中。また、全国の高校生100人が「森の名手・名人」をたずねる「森の聞き書き甲子園」を行うなど森林文化を伝える活動を展開。
進行:志賀 壮史 (ふくおか森づくりネットワーク)
※ 全3回の進行を担当 
会場:西日本新聞会館 10F 1、2号会議室
福岡市中央区天神1-4-1 
アクセス:http://www3.coara.or.jp/~fkhall/ の10階      
参加費:500円  定員:100名 

-----------------------------------------------------
■シリーズ2:シンポジウム
『野生動物と共存できるか?』
日時:10月15日(金) 18:30〜20:30 

福岡では他の九州各県同様シカ等数種類の野生生物が増えたことで村や森は大きく姿を変えようとしています。長く動物と植物を見てきた高槻氏をお迎えし、日本の森で起きている変化についてうかがい、人が野生動物、自然と共存することについて考えます。
講師:高槻 成紀氏
(麻布大学獣医学部 動物応用科学科教授) 
http://azabuwildlife.web.fc2.com/staff/takatsuki/takatsuki.html
シカをはじめ草食獣と植物の関係について生態学の視点から研究を行う。金華山島、アファンの森、町田市の里山ほか日本各地をフィールドとする。また、アジアの野生生物の調査も実施。
著書に『野生動物と共存できるか』(岩波ジュニア新書)など多数   
会場:福岡市中央区舞鶴2-5-1 あいれふ10階 講堂
アクセス: http://www.kenkou-fukuoka.or.jp/access/index.html
              http://www.kenkou-fukuoka.or.jp/facilities/10f.html
参加費:500円  定員:100名

-----------------------------------------------------
■シリーズ3:シンポジウム+ワークショップ
『日本の森、九州の森の声を聞く 〜森の持つ力〜』 
日時:11月3日(水・祝) 13:00〜17:00
13:00〜  講演+パネルディスカッション
15:30〜  ワークショップ

森林は、豊かな自然環境であると同時に、林業という生産の場であり、村の暮らし、文化、風土をつくりあげてきた場でもあります。作家という立場から広く日本の森を見てきた浜田久美子さんと、熊本県の林家として12代目の栗屋克範さんをお迎えし、山を守る意味や、そこに暮らす人たちの山への思いなど「森の持つ力」について語っていただきます。また引き続き、まちの暮らしの中で私たちにできることについてにぎやかに語り合いましょう。

講師:浜田久美子氏(作家)
http://watashinomori.jp/interview/image_itv_07.html
精神科カウンセラーを経て、木の力に触れたことから森林をテーマにした作家に転身。森林や木と自分たちの暮らしがつながっている実感が、人にとっては安定を、森にとっては安泰をもたらすという視点から活動。
著書に『森のゆくえ』(コモンズ)『森の力―育む、癒す、地域をつくる』(岩波新書) 他多数。
講師:栗屋克範氏(熊本県指導林家)
http://www.ringyou.net/katuragi/urabanashi/1006/index.html
熊本県山都町在住。林齢5年生から95年生までの約40haの所有林を持つ農林家。自宅を守るように樹齢450年のケヤキの巨木がそびえ、代を超えて山を守り続けてきた林家の12代目。
会場:福岡市中央区舞鶴2-5-1 あいれふ9階 大研修室
アクセス: http://www.kenkou-fukuoka.or.jp/access/index.html
http://www.city.fukuoka.lg.jp/fujin-kaikan/guide.html
参加費:500円  定員:100名
持ち物:あればマイカップ

-----------------------------------------------------
主催 ふくおか森づくりネットワーク
後援 福岡市 西日本新聞社
※この企画は、福岡県の森林環境税を活用した
「福岡県森林づくり活動公募事業」として実施されます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【お申し込み方法】
氏名、参加希望講座名、所属(ある方のみ)、
連絡先(電話、FAX、Eメールのいずれか)
上記内容を下記までご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【参加申し込み・問い合わせ】
ふくおか森づくりネットワーク
TEL:080−6438−4268
FAX:092−683−0640
Eメール:fukumori-jimuあfreeml.com
(あを@にかえて送信ください)

イベント - trackbacks(0)
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.suginokicraft.com/trackback/22
<< NEW | TOP | OLD>>